鬼怒川・あさやホテルのアクセス|電車のおすすめの行き方を解説

あさや inの看板旅行
あさやホテル
旅行者
旅行者

あさやホテルに行きたい。どの電車に乗っていけば、お得でラクに行けるんだろう・・。それと、地図を見ても、最寄り駅からどう行ったら良いのかも分からない。高い切符買ったり旅行当日に焦ったりしないように、予め行き方を確認しておきたいです。あさやホテルの行き方をおすすめしてください。

こんな悩みにお答えします。

この記事を見て分かること
  • お得でラクな、おすすめの行き方東武鉄道
  • 最寄り駅からのアクセス
  • お得な切符&注意点

それではさっそくご確認ください。

鬼怒川・あさやホテルのアクセス|電車のおすすめの行き方を解説

東武日光駅に停まる普通列車

鬼怒川に行くなら、東武鉄道を利用するのが最もおすすめです。

JRではなくて、東武鉄道を利用するメリットは

  • 都心から特急1本・乗換なしで行ける
  • JRより圧倒的に本数が多い
  • 一番早く行ける
  • お得な切符を使うと、運賃が最大半額になる

以上4つです。

おすすめの行き方(東武鉄道を利用)

※出発地は、東京都・神奈川(横浜)・埼玉(大宮)を想定しています。

東京から鬼怒川温泉駅まで

出発地によって、鬼怒川までのおすすめの行き方が変わります。

主に、以下の2通りに分けられます。

  1. 山手線の東側:浅草、北千住駅から東武鉄道
  2. 山手線の西側・横浜・大宮:新宿、大宮駅からJR・東武直通特急

1.から説明します。

(1)浅草、北千住駅から東武鉄道
特急リバティ
特急リバティ
行程

自宅の最寄り駅 >> 浅草・北千住駅 >> 鬼怒川温泉駅 or 鬼怒川公園駅 >> あさや

浅草からの土休日運賃:3041円(IC乗車券1571円、特急券1470円)

山手線の東側に住んでいる方におすすめの行き方です。

東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線に乗って浅草駅に向かうか、つくばエクスプレス、JR常磐線に乗って北千住駅に向かいます。

それぞれの駅で東武鉄道に乗り換えたら、特急スペーシア、特急リバティまたは普通列車で鬼怒川まで行きます。列車の検索はヤフー乗換案内からどうぞ。

鬼怒川温泉駅で下車してください。

鬼怒川温泉駅駅名標
鬼怒川温泉駅

なお、鬼怒川公園駅からあさやホテルに向かう方(後述)で、特急リバティに乗っていく方は、鬼怒川公園駅で下車してください。

筆者
筆者

普通列車は特急比+1~2時間、-1,000円ほどです。安いですが、時間がかかる上、複数回の乗り換えが必要です。特に、学生旅行や一人旅にいかがでしょうか。

(2)新宿、大宮から東武鉄道の特急
JR・東武直通特急のきぬがわ号
JR・東武直通特急のきぬがわ号
行程

自宅の最寄り駅 >> 新宿・大宮駅 >> 鬼怒川温泉駅 or 鬼怒川公園駅 >> あさや

新宿駅からの運賃:4080円(IC乗車券1980円、特急券2100円)

山手線の西側、横浜、大宮周辺に住んでいる方におすすめの行き方です。

新宿駅・池袋駅と鬼怒川を結ぶ、特急きぬがわ号が運行されています。山手線の西側に住んでいる方はこの特急を利用するのが最も便利です。

横浜周辺に住んでいる方はJR湘南新宿ラインで新宿駅に向かってください。新宿駅で特急に乗り換えです。また、特急きぬがわ号は浦和、大宮駅に停車します。このため、大宮周辺に住んでいる方は、大宮駅から乗ることができます。列車の詳細はこちら

鬼怒川温泉駅で下車してください。

鬼怒川温泉駅駅名標
鬼怒川温泉駅
筆者
筆者

乗車券は、自宅の最寄り駅から鬼怒川温泉/鬼怒川公園駅まで。特急券は、特急きぬがわ号の乗車駅から鬼怒川温泉駅までを購入してください。

駅からあさやホテルまで

あさやホテルは鬼怒川温泉駅から見て北の方角。鬼怒川を渡る必要があります。

鬼怒川温泉駅からダイヤルバス or 徒歩
鬼怒川温泉駅前バスターミナル
鬼怒川温泉駅前バスターミナル

ダイヤルバスは、宿泊者向けに運行されている日光交通のバスです。特急の到着時刻に合わせて鬼怒川温泉駅を出発します。あさやを含め、いくつかのホテルを経由します。詳しくはこちら

運賃は190円、現金のみ対応です。もし現金を持っていないときは、鬼怒川温泉駅構内のセブン銀行ATMでおろしておいてください。

あさやホテルは鬼怒川温泉駅から約2.3km30分です。「宿までちょっと散歩♪」という距離ではないので、特急で鬼怒川温泉駅に来た方はこのバスを使うのがおすすめです。あさやホテルまでは約5~7分で着きます。

鬼怒川温泉駅を出て、右側にバスターミナルがあります。ここから出発します。

鬼怒川温泉駅前バス停
鬼怒川温泉駅前バス停

あさやホテルで下車します。下車したら5秒で入館できます。

もしダイヤルバスが見当たらなかったら、駅構内の案内所で尋ねてみてください。乗り遅れても手配してくれることがあります。

あさやホテルまで歩くのも、もちろんアリです。健康に良い上、バス代190円が浮きます。また、普通列車で来た方は、ダイヤルバスが来るまで足止めされるので、歩いた方が早そうです。

鬼怒川温泉駅を出たら右折。バスターミナル横の道を道なりに進みます。

そのあと、御苑(ホテル鬼怒川御苑)という看板があるところを左折して、ふれあい橋を渡ります。橋を渡ったら、右折してまっすぐ行くとあさやホテルの建物が見えます。

筆者
筆者

あさやホテルまでは緩やかな上り勾配が続きます。疲れたり怪我をしたりするかもしれないので、普段はあまり歩かない方やスニーカー以外を履いている方には、個人的におすすめしません。

日光交通は、タクシー配車アプリのGOやDiDiに対応していません。2021年2月現在

鬼怒川公園駅から徒歩
鬼怒川公園駅
鬼怒川公園駅

歩いて宿まで行きたいけど、2.3kmも歩きたくないという方におすすめです。鬼怒川公園駅からあさやホテルまでは約1km、13分です。

鬼怒川温泉駅から普通列車に乗り換えて、一駅となりの鬼怒川公園駅で下車します。IC運賃は147円です。なお、この区間は乗車券だけで特急にも乗ることができます。特急は各駅停車になるのでご安心を。

特急リバティの車内
特急リバティの車内

駅を出たら横断歩道を渡り、左折します。坂を下っていきます。1~2分あるくと、横断歩道の手前、右手に階段があるので、その階段を降ります。降りると吊橋(滝見橋)があります。

吊橋(滝見橋)
吊橋(滝見橋)

滝見橋を渡ったら、公園を抜けて道路を左折。

ちょっと行くと左斜め前に分岐する道があるので、そっちに行きます。道なりに進むと、左側があさやホテル玄関です。

筆者
筆者

特急の鬼怒川温泉駅到着に合わせて、普通列車が出発するようです。鬼怒川温泉駅前を見たいという方は帰りに寄るか、鬼怒川温泉駅からあさやホテルに向かってください。

鬼怒川に安く行く方法

以下では、割安な切符を紹介します。

平日料金と土休日料金(浅草・北千住~鬼怒川温泉・鬼怒川公園)

浅草・北千住~鬼怒川温泉・鬼怒川公園の平日料金は1360円。それに対して、土休日料金は1470円と110円高く設定されています。

平日と土休日どちらも空いていたら、平日に行くのがおすすめです。

各駅の詳しい運賃表はこちらをご確認ください。

午後割・夜割(浅草・北千住~鬼怒川温泉)

夕方のイラストいらすとや

一部の特急列車には、午後割、夜割が設定されています。この列車を利用すると、運賃が1050円になります。平日比-310円、土休日比-420円となり、かなりお得です。

宿泊した翌日に、鬼怒川、日光を観光する方に向いています。

割引対象の列車はこちらをご確認ください。

お先にトクだ値スペシャルで「運賃50%オフ」※期間限定

お先にトクだ値スペシャルの切符
お先にトクだ値スペシャルの切符

21年2月現在、21年3月末まで利用できるようです。

えきねっとは、ネットで切符が買えるサービスです。えきねっとの中にあるお先にトクだ値スペシャルを使うと、激安切符を買うことができます。

お先にトクだ値スペシャルを使うと、[新宿・池袋・浦和・大宮]⇔[東武日光・鬼怒川温泉]の運賃が50%オフになります。特急券と乗車券がセットになっていて、その合計運賃から半額です。

切符の購入や払い戻しに制限があります。詳細はこちらからご確認ください。

えきねっとトクだ値を利用して「20~40%オフ」

お先にトクだ値スペシャルの方がお得です。

えきねっとは、ネットで切符が買えるサービスです。えきねっとの中にあるえきねっとトクだ値を使うと、割引切符を買うことができます。

えきねっとトクだ値を使うと、[新宿・池袋・浦和・大宮]⇔[東武日光・鬼怒川温泉ほか]の運賃が20~40%オフになります。特急券と乗車券がセットになっていて、その合計運賃から割引です。

切符の購入や払い戻しに制限があります。詳細はこちらからご確認ください。

株主優待乗車券で乗って「乗車券が実質半額」

東武鉄道の株主優待乗車券を金券ショップで買います。

浅草~鬼怒川温泉間の乗車券は1571円(IC運賃)です。しかし、株主優待乗車券は700円~800円で売られていることが多いです。株主優待乗車券で乗れば、半額程度に抑えることができます。

例えば、チケットレンジャー、大黒屋、アクセスチケット等で入手すると良いです。

特急の利用には、別で特急券を購入する必要があります。

おわりに

あさやホテルのアクセスを紹介しました。

あさやホテル正面玄関
あさやホテル正面玄関

自分の住んでいる場所や旅の目的に合わせて、どの列車に乗っていくかを検討してみてください。

また、「地図を見てもどう行けば良いか分からない」のは、ホテルが密集していること、複雑な地形をしていて、道路が入り組んでいることが原因だと思います。この点、日光交通のダイヤルバスは非常に便利なので、使ってみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました