【たった2つ】大学生が持つべき銀行口座は?おすすめポイントと使い方を解説

通帳大学生活
通帳
大学生
大学生

銀行口座を作りたい。調べたら色々出てきて迷っちゃった・・・。おすすめの銀行を紹介してください!

こんな疑問にお答えします。

記事を読んで分かること
  • おすすめの銀行口座2つ
  • メリット
  • 2つの銀行口座の活用法

大学生になると、お金を使う機会が劇的に増えます。
例えば、旅行に出かけたり、部活・サークルの会費を払ったり、投資にお金を回したりするようになります。支払いの都度、振込や入出金で手数料を取られたらお金があっという間になくなって、生活や趣味に使えるお金が足りなくなります。

また、外出先で簡単に引き出しできないとしたら、「払えるのに払えない」というもどかしい思いをするかもしれません。

そこで、大学生までに作っておくべき、おすすめの銀行口座を2つ紹介します。
メリット、お得な使い方や口座の開設方法も紹介しているので、是非参考にしてくださいね!

記事の信頼性

紹介するのは、筆者が日常的に使っている銀行口座。
使い始めてから、入出金・振込手数料は一度も払ったことがありません。

おすすめの銀行口座2選

学生におすすめの銀行口座は

以上の2つです。

それぞれの概要や強み、口座の開設方法を解説します。

高金利でポイントも貯まる「楽天銀行」

楽天銀行キャッシュカード
楽天銀行のキャッシュカード

楽天銀行は、楽天が運営するネット銀行です。
人気急上昇中の銀行で、2021年には口座数が1000万口座を突破しました。店舗がないので、口座開設はネットから申し込みます。入出金はコンビニ等のATMで、振込などの各種手続きはスマホアプリやパソコンから行います。取引をするたびに楽天ポイントをもらうことができます。

楽天銀行を選ぶ5つのメリット

①ポイント・手数料優遇の「ハッピープログラム」
楽天銀行公式サイト
楽天銀行公式サイト URL:https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/happyprogram/

上の図を言語化してみました。

  • ATMの入出金手数料:最大月7回まで無料
  • 他行宛振込手数料:最大月3回まで無料
    ※楽天銀行間はずっと無料
  • 楽天ポイントの付与:1件あたり最大3ポイント

※預金残高、または取引件数(前月の25日終了時点)によって決定。

優遇が適用されると、コンビニ等での入出金が無料になります。
銀行ATMを探す必要がなくなり、現金が必要になったらすぐ下ろせるので便利です。

また、他行振込にお金がかからなくなります。
会費の支払いや友達に借りたお金の返済も銀行振込ですばやく済ませることができるようになります。

筆者
筆者

いつでもどこでもネットから手続きできるので、払い忘れ、返し忘れがなくなります!振込先は一度登録すると、次は入力不要なのですぐ送金できます。

3万円以上のATM入金は無料
口座開設から3ヶ月間は毎月5回、ATM手数料が無料です。

②給与受取で月3回の他行宛振込手数料が無料

楽天銀行で給与受取をすると、翌月の他行宛振込手数料が3回無料になります。

楽天銀行に口座を持っていれば、誰でも対象になります。
したがって優遇の適用がない方(ベーシックでも、給与受取をするだけで月3回の他行振込が無料になります。賞与、公的年金の受取も対象になります。

筆者
筆者

クレジットカードを持っていない学生にもおすすめ。受験料や宿代の支払いなどを銀行振込にすれば、わざわざ現金を下ろさなくて良いし、なくす心配がないので安心ですよ!

③日本中のコンビニATMで下ろせる
銀行ATM
銀行ATM

楽天銀行のマークがついているATMで入出金を行うことができます。

具体的には以下の4つ。

  • コンビニATM(セブン・ファミマ・ローソン等)
  • スーパーATM(イオン・イト-ヨーカドー等)
  • 銀行ATM(三菱UFJ・みずほ・ゆうちょ等)
  • 駅ATM(JR東日本ビューアルッテ、阪急電車PatSat)

家の周りでも外出先でも、いろんなところでATMが使えます。
銀行ATM探しから解放されます。

筆者
筆者

筆者の実体験:
旅行中、離島に渡る直前で、現金を持っていないことが発覚。港近くには銀行がなく、焦りました。しかし、たまたま近くにあったセブンイレブンで現金を下ろし、事なきを得ました(手数料は無料でした)。

④マネーサポートでラクラク資産管理

マネーサポートは、楽天銀行アプリの資産管理ツールです。
楽天銀行の入出金履歴を自動的に仕分けしてグラフ化する、収支を一覧で表示するといった機能があります。銀行口座、クレジットカード・ICカード、ポイント等と連携でき、資産残高をリアルタイムで、まとめて把握できるようになります。

筆者
筆者

zaimとマネーフォワードを足して2で割った感じ。利用料は無料にもかかわらず、連携先が豊富にあり、いつでも更新することができます。お金の使いみちが一瞬で分かるので、資産管理の役立ちます。

⑤楽天のサービスと組み合わせると更にお得

他の楽天サービスと楽天銀行を紐付けると、優遇を受けることができます。

具体的には以下の2つ。

  1. 楽天カードの引落先を楽天銀行にすると、楽天SPU+1倍
  2. 楽天証券とのマネーブリッジ設定で、普通預金金利が0.10%に
    ※一般的な銀行の預金金利は0.001%

楽天SPUとは、楽天スーパーポイントアッププログラムの略です。
楽天のサービスを使えば使うほど、楽天市場の買い物でより多くの楽天ポイントを獲得することができます。

楽天銀行公式サイト
楽天銀行公式サイト URL:https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/spu/?scid=wi_ich_spu_sputop_pc

楽天銀行は楽天SPUの対象になっています。
楽天カードの引落先口座を楽天銀行にすると、楽天市場の買い物でもらえる楽天ポイントが+1倍になります。たった1%の違いではあるものの、教科書購入など大きな買い物が多い大学生には有利な特典です。

楽天証券と楽天銀行のマネーブリッジ(自動入出金設定)とは、口座間でお金を融通できるようにするという意味です。

例えば、楽天証券で株を買うとき。
通常は、楽天銀行から楽天証券にお金を移して、そのお金で株を買います。しかし、この設定をしておくと、楽天銀行口座から楽天証券口座にお金を移さずに株を買えるようになります。つまり、2つの財布が一つにまとまるというイメージです。

楽天証券公式サイト
楽天証券公式サイト URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/moneybridge/?sclid=a_GO_brand_other&gclid=Cj0KCQiAyJOBBhDCARIsAJG2h5cIsdpIJTaHeO-O_GXgA-5fhjqhS7a9wM2Pd5RdLLBJ8mOhChjQl_gaAqbiEALw_wcB

そして、このマネーブリッジ設定により、楽天銀行の普通預金金利が0.10%(年利・税引き前)になります。これは一般的な銀行の預金金利の100倍です。

例えば、10万円預けた場合。一般的な銀行の利息は1円です。しかし、楽天銀行なら100円になります。(ここから20%ほど税金が取られます)

大学生は預貯金が少なく、利息はもらえて数十円程度かもしれません。もしかしたら道で拾ったお金の方が多いかも・・。

しかし、就職したり事業を始めたりしたときに、絶大な効果を発揮することになります。今のうちに設定しておいて損はないです。

楽天証券について知りたい方は、こちらも参考にどうぞ。
学生目線で書いた、株の始め方ガイド。注意点とおすすめ証券会社も紹介

楽天銀行の使い方は?【おすすめ】

楽天銀行はメインで使います。
以下の取引はすべて、楽天銀行を使って行うようにします。

  • 預金・入出金
  • 振込・クレジットカードの引落
  • 給与、仕送り等の受取

ここで重要なのは、生活用口座と貯蓄用口座は、楽天銀行に一本化することです。
生活用と貯蓄用を別の銀行口座に分けて、貯蓄用に入れずに残したお金で生活する方法が一般的かもしれません。しかし、ここでは一つにまとめてしまうというやり方を提案します。

生活用口座と貯蓄用口座を分けるメリットは以下の2つです。

節約が増えて貯蓄が増える

生活用口座と貯蓄用口座に分けた場合。
貯蓄用口座にあまりお金がないのに「貯蓄用で貯めてるから大丈夫」と考えて、お金を使いすぎてしまうことがあります。

一方、生活用と貯蓄用をまとめると「銀行の預金残高=自分の全財産」になります。
自分がどれだけ持っているか分かり、その範囲内での買い物をしようとします。結果的に貯蓄が増えるというわけです。

無駄が分かって貯蓄が増える

生活用口座と貯蓄用口座に分けた場合。確かに一定額ずつ貯金できます。
しかし、生活用に残したお金を使ってしまいがちで、無駄に気づけないことがあります。

一方、生活用と貯蓄用をまとめると「給料日の残高-次の給料日の残高=貯蓄額」になります。
使った残りが貯蓄額に直結するため、お金の使いみちに敏感になります。無駄な買い物が減らせて、貯蓄が増えるというわけです。

もう一つの銀行口座として、ゆうちょ銀行を紹介します。

サービスが充実している「ゆうちょ銀行」

ゆうちょ銀行キャッシュカード
ゆうちょ銀行のキャッシュカード

ゆうちょ銀行は、預金残高約180兆円、日本全国に店舗網を有する日本最大級の銀行です。
入出金や振込など取引・各種手続きは、郵便局やコンビニATM、ネットバンキングのゆうちょダイレクトを通して行うことができます。最近は、スマホ決済のゆうちょPayがリリースされました。

ゆうちょ銀行を選ぶメリットは以下の2つです。

ゆうちょ銀行を選ぶ3つのメリット

入出金手数料がほぼ無料

入出金無料の対象範囲が広いです。以下のとおりです。

ゆうちょ銀行・郵便局のATM
いつでも無料

  • 平日・土曜日:0:05~23:55
    硬貨の入金は7~21時
  • 日曜日・休日:0:05~21:00
    硬貨の入金は9~17時

E-netATM(ファミマ等):
下記時間帯は無料、紙幣のみ取り扱い

  • 平日:8:45~18:00
  • 休日:9:00~14:00

一般的な銀行は、営業時間外は入出金手数料がかかります。
しかしゆうちょ銀行は、いつ入出金しても手数料を取られる心配がありません。

加えて、硬貨の入金にも寛容です。
ゆうちょ銀行・郵便局のATMは、一回に30~100枚程度の硬貨を入金できます。入り切らない分は窓口で手数料無料で入金してもらえます。「硬貨入金は手数料を取る」という銀行が増えており、非常にありがたいサービスと言えます。

筆者
筆者

筆者の実体験:
みずほ銀行のATMに合計1000枚近くの硬貨を入れたことがあります。窓口は有料だからです。みずほATMは一度に100枚、一日500枚が限度。加えて、硬貨を入れるとATMがしばらく止まるので、他に移らないといけませんでした。入金のためにトータル1時間は費やし、もったいなかったです。硬貨入金はゆうちょが一番です。

楽天銀行のゆうちょ銀行入出金という機能を使えば、楽天銀行とゆうちょ銀行間の取引もお得になります。

  • ゆうちょ→楽天:無料
  • 楽天→ゆうちょ:一律168円(税込)

※楽天銀行アプリの専用ページから手続きが必要です。

日本中で下ろせる

47都道府県全てに支店があり、コンビニATMや簡易郵便局も使えます。
もはや、人が住んでいれば現金を引き出せるといっても過言ではありません。

万字仲町簡易郵便局
例:万字仲町簡易郵便局 https://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300197746000/

上図は北海道で見つけた簡易郵便局(万字仲町郵便局)。
時間があれば、場所を調べてみてください。凄さが分かります。

簡易郵便局がゆうちょの大きな強みです。山奥でも海沿いでも、コンビニがないところでもだいたいあります。旅先がマイナーな地域なら、ゆうちょのキャッシュカードを持っていくと、もしものときに現金を引き出せますよ!

決済サービスと連携しやすい

ゆうちょ銀行は、スマホ決済・家計簿アプリに紐付けしやすいです。
例えば、PayPay、FamiPay、TOYOTA WALLETに紐付けるとチャージができるようになります。また、Moneytreeという資産管理アプリに登録すると、貯金残高がリアルタイムで分かるようになります。楽天銀行では紐付けできません。

筆者
筆者

筆者の実体験:
FamiPayには楽天銀行が登録できません。このため、FamiPayのキャンペーンに参加するときは、毎回ゆうちょ銀行を経由してチャージしています。

ゆうちょ銀行の使い方は?【おすすめ】

ゆうちょ銀行はサブで使います。
主に、以下の取引を行う口座として利用します。

  • 楽天銀行が使えなくなったときの預金先
  • 硬貨、旧紙幣の預け入れ
  • ゆうちょ口座間の送金
    ※ゆうちょダイレクト利用で月5回無料
  • スマホ決済に登録する口座
    ※本人確認のため
  • FamiPayのチャージ

ゆうちょ銀行の口座を持っておく主目的は、楽天銀行のバックアップです。
楽天銀行は安定性の高い金融機関ですが、今後も絶対にトラブルが起きないとは言い切れません。もし「預金が引き出せない」「支払いができない」という事態になれば、自身の生活や信用に影響が出るおそれがあります。この点、ゆうちょ銀行の口座があれば安心です。

楽天とゆうちょで、お金を守ろう

楽天銀行とゆうちょ銀行のキャッシュカード
楽天銀行とゆうちょ銀行のキャッシュカード

大学生になったら作るべき銀行口座は、

  • 楽天銀行:高金利かつ楽天ポイントが貯まる
  • ゆうちょ銀行:連携サービスが多く、入出金しやすい

この2つです。

楽天銀行をお得に活用しつつ、ゆうちょ銀行で楽天銀行が使えない場合に備えましょう。

楽天銀行公式サイトはこちら
ゆうちょ銀行公式サイトはこちら

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました