おすすめNGのクレジットカード|クレカ10枚持早稲田生が紹介

クレジットカード10枚とプリペイドカード2枚キャッシュレス
DSC_0099
分かれ道に立つ人のイラスト(女性会社員)フリー素材いらすとや提供

クレジットカード選びに迷う新大学生「クレジットカードを作っておきたい。おすすめのクレジットカードはたくさんあるようだけど、逆に選んじゃいけないクレジットカードはどんな特徴があるんだろう…。カード選びに失敗したくないです。これはやめたほうが良いというカードの特徴を教えて下さい。」

こんな疑問にお答えします。

本記事のテーマ

【クレジットカードを作る学生向け】避けた方が良いクレジットカードの特徴を教える

記事の信頼性

記事を書いている僕は、18歳から2年間でクレカを10枚、プリペイドカードを2枚作ったキャッシュレス大好き早稲田生。
お店に応じて、息を吸うようにクレカを使い分ける倹約家です。

おすすめNGのクレジットカード|見るところは5つ

当てはまったら要注意!選ばない方が良いクレジットカードの特徴を紹介します。

クレジットカード会社は、大学生を非常に優遇しています。

大学時代に使っていたカードを、そのまま使い続けるという人が少なくないからです。

カードの強みを比べて、自分に一番親切なカードを選ぶようにしましょう。

それでは、特徴5つを順番に解説します。

年会費がかかる

理由(せどりをするなど)が特にない限り、年会費がかかるカードは選ばないほうが良いです。

大学生向けのクレジットカードは、年会費無料のものがかなり多いです。

確かに、年会費がかかるカードは、カード付帯の保険やサービスが手厚いです。

例えば、保険金の額が数千万円になったり、空港ラウンジを無料で使えたりします。

しかしながら、大学生向けのカードでもそこそこ手厚いサービスを受けることができます。

年会費を払ってまで保険額をアップしたり、より良いサービスを受けたりするという必要はほぼないと思います。

なお、年会費がたとえ少額であっても、4年間年会費を払い続ければドミノ・ピザのLサイズを何枚も注文できる額に膨れ上がります。

入会特典と還元率(購入額に対するポイント付与の割合)も大事ですが、年会費を払わなくて良いカードかどうかを先に確かめてください。

「初年度は年会費無料。年1回の利用で、翌年度も年会費無料」というカードも選んで大丈夫です!年1回は使うのだけは忘れずに。

ポイントが全然貯まらない

具体的には、還元率が0%~0.9%のカードです(100円で1ポイントすら貯まらないカード)。

クレジットカードを使って貯めたポイントは、マイレージ、ポイント、アマゾンギフト券(以下、アマギフ)、商品等に交換することができます。

また、一部のカードは、貯まったポイントを直接ネットショッピングや店舗での支払いに使うことができます。

ポイントが全然貯まらないと、こうしたご褒美なかなかもらえません。貰いたくて貰いたくて、クレジットカードを余計に使ってしまいがちになります。

これに加えて、貯まらないポイントに嫌気が差し、徐々にクレジットカードを使う気力を失います

せっかく現金を抜け出してキャッシュレスに踏み出したのに、また現金に戻ってしまったらもったいないです。

還元率が2%以上のカードを狙っていくと良いですよ!
例:JALカードnavi、LINE Pay VISAカード

ポイントが使いにくい

ポイントが使いにくいクレジットカードは選ばない方が良いです。

ポイントを貰ったは良いものの、

  • ポイントをの使い道が少ない(例:自社サイトでしか使えない)
  • ポイント交換で手数料を取られる(例:100ポイントと楽天ポイント50ポイントを交換可)
  • ポイントをまとめて使わないといけない(例:500ポイントで〇〇と交換)

というものは避けた方が良いです。

使い道が少ないと、

「本当に欲しいけど、手が届かない」
「この商品をもっともっとお得に調達したい」

というときにクレジットカードのポイントを使うことができません。

靴に入った小石くらい、もどかしい思いをします。

貯まると使いやすいポイントは、楽天ポイント、ポンタポイント、Tポイント、JREポイント、JALマイル、LINEポイントです。

海外旅行保険が自動付帯ではない

海外旅行保険が自動付帯ではないクレジットカードは選ばない方が良いです。

「海外旅行保険が自動付帯」とは、

「海外旅行にカードを持っていくだけで、海外旅行保険代わりになりますよ」

という意味です。

自動付帯なら、クレジットカードで交通費を払ったり、申込みをしたりする必要はありません。

海外旅行にカードを持って行きさえすれば、事故、病気、盗難等でお金が必要になったときに、費用をクレジットカード会社が負担してくれます。※要申請

あると非常に心強い機能です。

但し、「旅行費用を払っていないと保険金を出しませんよ」というカードも多いです。

たとえ髪の毛で書いたような見にくい規約でも、しっかり確認してください。

旅行好きな学生は、特に注意してくださいね。

自動付帯でも、旅行代金はできるだけクレジットカードで支払うと良いです。
もらえる保険金の額が増えます。

お得なキャンペーンが少ない/対象外が多い

お得になるキャンペーンが少ないクレジットカードは選ばない方が良いです。

お得になるキャンペーンとは、例えば以下のようなものです。

  • 入会特典:カードに入会すると、8000ポイント進呈(楽天カード)
  • 割引:提携店の利用時、カード支払い/カード提示で割引(エポスカード)
  • 交換:期間限定で、自社航空券に3000マイルで交換OK(JALカードnavi)
  • チャージ:チャージでもポイントがつく(ヤフージャパンカード、ビューカード)

コンビニや本屋でポイントカードを一生懸命出し続けても決して貯まることのない、大量のポイントが降ってきます。

お得なキャンペーンが少ないか自分には無関係のもの(美容、百貨店、居酒屋)ばかりだと、ポイントがちょっとずつしか増えません。

お得感がなく、クレジットカード不要論を専攻することになります。

使えないキャンペーンばかりで、支出を減らす効果を期待できないからです。

また、こればかりか、

キャンペーンだからといって、ネットショッピング、百貨店やコンビニ等で余計なものをレジに持っていきやすくなると思われます。

お得と謳っていても、リボ払い、あるいはキャッシングのキャンペーンは絶対に参加しないでください!

自分がよく使うサービスと相性の良いクレジットカードを作ると良いですよ!
例:JR東日本の列車に乗る・・ビックカメラSuicaカード
例:楽天市場で買い物する・・楽天カード
例:PayPayにチャージする:ヤフージャパンカード(ペイペイカード)

作っても良いが、使わない方が良いクレジットカード

実際に作ってみたクレジットカードの中から、

「作っても良いけど、使わない方が良いと思ったカード」4枚を紹介します。

入会特典を目当てにするなら、試しに作ってみるのもアリです。年会費はどれもかかりません。

ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラス
DSC_0103

ローソンPontaプラスローソンでよく買い物をする人向けの年会費無料カードです。

どこで買い物をしても購入額の1%のポンタポイント貯まります。

特に、ローソンでは16時~23時59分に買い物をすると2%のポイントが付与されます。

このカードは、新規入会で1000ポイント、ローソン公式アプリからキャンペーンコードを打ち込んで入会すると更に1000ポイントプレゼントされます。

また、ローソン公式アプリで無料クーポンと優待特典をもらうことができます。

作ってトクをするカードです。

しかし、使うことはおすすめできません。

まず、還元率2%以上になるカードは他にもたくさんあります。ローソンだけで、しかも夕方以降だけ2%もらえるカードは使い勝手が悪すぎます。

2%につられて立ち寄って、気づいたらホットスナックを持っていそうです。

また、そもそもコンビニで買い物をすること自体を控えめにしたほうが良いです。

コンビニは、確かに便利だし、新商品から定番商品まで幅広いジャンルを扱っています。コンビニスイーツや揚げ物など美味しそうなものばかりで、見に行くのが楽しいです。

しかし、単価がかなり高いです。

コンビニで買い物をすると、スーパーで買い物するときに比べて、圧倒的に多くのお金がレジに吸収されていきます。

ポンタポイントがたくさんもらえるからと言って、払った額が大きければ本末転倒です。

入会でもらったポイントは、ポイント運用、au PAYマーケット、ローソンのお試し引換券に利用すると価値を高めることができます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
DSC_0105

セブンカード・プラスセブン&アイグループ(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)で買い物をする人向けの年会費無料カードです。

どこで買い物をしても購入額の0.5%のnanacoポイント貯まります。

特に、セブン&アイグループの店舗と一部の提携店ではクレジット払いで1%のポイントが貯まります。

nanaco一体型カードの場合、nanacoにクレジットカードチャージもできます。

このカードは、たまに開催される入会キャンペーンの特典が大きいです。最近では「入会+一回利用+各種設定で5500ポイントプレゼント」みたいなものがよくあります。

nanacoは全国で使えるポイントなので、貰ったポイントは失効させずに済みそうです。

作ってトクをするカードです。

しかし、使うことはおすすめできません。

まず、セブン&アイグループと一部提携店だけでしか、還元率1%にならないのは使い勝手が悪いです。

また、還元率1%超のカードはクリスマス、スーパー店頭に並ぶローストチキンなみにあるので、こちらを使うに越したことはないと考えています。

確かに、イトーヨーカドーでは8のつく日に利用するとほぼ全品5%オフになります。

しかしながら、イトーヨーカドーが安いスーパーかと言われると微妙なところです。

もし近くにイトーヨーカドーしかないという場合は別ですが、同じ商品を買うなら、業務スーパー、オーケー、ドンキなど他のチェーン店を利用した方がトータル安く買えることも多いです。

入会でもらったポイントは、nanacoが使えるお店で利用してください。但し、ポイントだからと余計なものを買わないように注意!

エポスカード

エポスカード
DSC_0104

エポスカード丸井グループの発行する年会費無料カードです。

どこで買い物をしても購入額の0.5%のエポスポイント貯まります。

このカードは、新規入会で2000ポイントがプレゼントされます。

また、割引サービスのE-parkに登録すると、入会特典ポイントを貰えることがあります。

これを使えば、町の飲食店やリラクゼーション施設、美容院などを割引で利用することができるようになります。

作ってトクをするカードです。

しかし、使うことはおすすめできません。

まず、還元率0.5%。エポスポイントの増え方が三原山みたいになだらかです。

確かに、ポイントの使い道はわりと多いです。1ポイントからでも使えます。

しかしながら、1ポイントから使えるのはアマギフに交換、プリペイドカードにチャージ、ネット通販での割引のみです。

他はポイントがある程度まとまってからでないと交換できません。

また、確かに、全国の非常に多くの提携店で割引サービスを受けることができます。

しかし、割引が使えるお店の種類も使える地域も、かなり偏りがあります。

あくまで僕の場合ですが、使えるお店が一つもありませんでした。

最後に補足していおくと、例外があります。

「マルコとマルオの7日間」で丸井の百貨店を使ったり、エポスカードが家賃保証をしている家の賃料を払ったりする方は、持っておくとお得になります。

早稲田カードStudents(三井住友カード/UCカード)

早稲田カードStudents
DSC_0102

早稲田カードStudentsは、生協に加入している早稲田大学生しか作れない、年会費無料カードです。

三井住友カードでの発行を選択した場合、

どこで買い物をしても購入額の0.5%のVポイント貯まります。

早稲田カードは、

  • 生協の組合員証がわりになる
  • 一部の海外・国内旅行保険が自動付帯
  • iD、ApplePayに登録可能

という点が強みです。

生協で買い物をしたくなったときには、割引と買い物がこれ一枚で済みます(生協の組合員証は紙製でもろいので、持ち歩かない方が良いです)。

また、旅行中に持ち歩くだけで、万が一、多額のお金が必要になっても費用を負担してくれます。

作ってトクをするカードです。

しかし、使うことはおすすめできません。

還元率が0.5%という低さに加えて、Vポイントが非常に使いにくいからです。

特にポイントについては、

交換先は多めですが、ポイントがある程度まとまっている必要があります。1ポイント単位で使うには「iDキャッシュバック」を選ぶしかありません。

そして、自動付帯の保険について。

自動付帯とはいえ、早稲田カードで旅行代金を払っていないと、貰える保険金の額が大幅に少なくなります。

メインの保険にはなりえないので、旅行に持っていくかと言われれば、僕は持っていきません。

「でも、生協で本が10%割引になるよね?」と思った方へ。

AmazonプライムStudentや楽天学割でも、似たようなキャンペーンを行っていることがあります。むしろこちらの方がトータル安いということも。

また、ネットショッピングなら家に届けてもらえます。

教科書を生協でまとめ買いしたら、家まで重たい荷物を背負って帰らなければなりません。

しかし、ネットショッピングならこの苦労から解放されます。

生協の優位性がありません。

生協でしか買えない本を除けば、わざわざ生協で本を買うまでもないのかな、と思われます。

クレジットカード選びに失敗しないように

選ばないほうが良いクレジットカードの特徴を紹介しました。

クレジットカードを持つと世界が変わります。今までコンビニでしか払えなかったものが、家で払えるようになり、持っていないと不安だった現金が、邪魔な存在に見えてきます。

カードはさっさと作った方が良いですが、カモられないように、しっかりチェックした上でカードを申し込んでください。

ちなみに、クレジットカードとスマホ決済は相性が良いです。まだやったことがなければ、この機会にスマホ決済も始めてみませんか?

【厳選】初心者もすぐ始められるおすすめスマホ決済【2020】
初心者でも今日から始められるおすすめのスマホ決済を紹介しました。今からでも間に合います!現金から距離を置いて、お金をスマホで払う体験を始めてみませんか?

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました