【通学】JR東日本のクレジットカードを比較。どれがおすすめ?

ビックカメラSuicaカードとJREカードキャッシュレス
大学生
大学生

クレジットカードを作りたい。通学でJR東日本を使うから、JRでポイントがたくさん貯まるカードが良さそう。でも、調べたら色々出てきて迷っちゃった・・・。結局のところ、一番お得で、作って損しないのはどれなんだろう?おすすめのクレジットカードを紹介してください!

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと分かること
  • おすすめのクレジットカード
  • おすすめしないカードの概要とデメリット
  • 貯めたポイントの使い方

「JRに乗ったときも、ポイント貯まらないかな?」と思ったことはありませんか?

嬉しいことに、JR東日本なら、電車に乗るだけでJREポイントを貯めることができます。

このとき最も欠かせないのが、JR東日本発行のクレジットカードを作ること。Suicaチャージや切符の購入にJR東日本のクレジットカードを使うだけで、ポイントの貯まり具合が大きく変わります。

しかしながら、JR東日本のクレジットカードは普通カードだけでも6種類あり、迷ってしまいます。せっかく作るなら、できる限りお得な方を選びたいですよね。

そこでこの記事では、最もおすすめできるJR東日本のクレジットカードを解説します。また、その他のクレジットカードの概要、デメリットについても紹介します。

それではさっそくご覧ください。

記事の信頼性

おすすめするのは、筆者も実際に使い続けるカードです。JREポイントはこれまで2000ポイント以上貯めることができましたが、年会費を払ったことは一度もありません。

【大学生】JR東日本のクレジットカードを比較。どれがおすすめ?

評価基準は、以下の4点です。

  • 年会費が無料であること
  • JREポイントが貯まりやすいこと
  • お得な特典があること
  • 無駄遣いにつながらないこと

この判断基準に照らして、JR東日本を使う大学生に最もおすすめなのは、

このカードです。

ビックカメラSuicaカードの概要や強みを、クレカ初心者でも分かりやすく解説します。

ビックカメラSuicaカードとは?

ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラとJR東日本の提携で作られたクレジットカードです。

詳細なスペックは、以下の表をご覧ください。※読み飛ばしてOKです。

項目ビックカメラSuicaカード備考
年会費・対象524円(税込)・18歳以上初年度は年会費無料
年1回の利用で、翌年度も無料
利用できるブランドJCB/VISA
利用可能枠10~80万円JR東日本側の決定による
貯まるポイントJREポイント、ビックポイント
還元率通常1%以下の加盟店は異なる:
JR東日本、ビックカメラ等
カードの特典旅行障害保険(国内・海外)付き
Suicaとして利用可
JREポイントカードとして利用可
オートチャージ設定可
オンラインサービスVIEW’s NET
ビックカメラSuicaカードのスペック

このカードを作るメリットは、以下の5つです。

ビックカメラSuicaカードのメリット
  • 年会費の優遇:
    初年度無料。年1回使うと、翌年度も無料
  • 3つの機能が一体化:
    クレジットカード+Suica+ポイントカード
  • ポイント還元率が高い:
    Suicaチャージで1.5%還元
    ビックカメラ・コジマ・ソフマップで還元率アップ
  • ポイントの有効期限を延ばせる
    カード利用で2年延長
  • 旅行障害保険付き:
    国内:最高1000万円、海外(自動付帯):最高500万円

それぞれのメリットを、順番に説明していきます。

年1回の利用で、翌年の年会費が無料

溶けるお金のイラスト(一万円札)

年1回の利用で、翌年の年会費が無料になります。

JR東日本のクレジットカードは、普通カードでも、2年目から年会費がかかるものばかりです。そんな中、ビックカメラSuicaカードは年会費初年度無料。さらに、年1回の利用があれば翌年度も年会費無料になります。

筆者
筆者

Suicaチャージも利用に含まれます。「JRに乗るけど買い物はしない」という大学生でも、年会費の心配は無用です。

3つの機能が一体化

ポイントカードのイラスト

カード自体に、Suica機能とJREポイントカード機能が付いています。チャージすることでSuicaとして使うことができるほか、JREポイント加盟店で、ポイントカードとして利用できます。

筆者
筆者

ビックカメラSuicaカードにまとめれば、財布のカードを減らせます。カードを探す手間を省けます。カードが見つからず、レジ前で焦ることもなくなりますよ!

ポイント還元率が高い

スーパーでの買い物や携帯電話料金の支払いなど、通常の買い物は還元率1%です。JREポイントとビックポイントが0.5%ずつ付与されます。

しかし、JR東日本のサービスを利用したり、ビックカメラ・コジマ・ソフマップで買い物したりするとポイント還元率がアップします。

具体的には、以下のとおりです。

  • Suicaチャージ:JREポイント1.5%
  • ビックカメラ:ビックポイント10%(Suica支払い時のみ)
  • コジマ・ソフマップ:現金払いと同率のポイント付与

特に紹介したいのは、ビックカメラでの還元率が計11.5%になること。

ビックカメラSuicaカード付帯のSuicaにクレジットカードチャージした上で、②そのSuicaをビックカメラの支払いに使います。すると、①でJREポイントが1.5%、②でビックポイントが10%貯まり、合わせて11.5%の還元率になります。

筆者
筆者

クレジット払いでもらえるビックポイントは、通常8%。ビックカメラSuicaカードなら、実質クレジット払いなのに、10%もらえるのでお得です。

Suicaの入金上限額は2万円です。このため、2万円を超える買い物は11.5%還元対象外です。なお、Suicaを併用して支払うことはできません。

ポイントの有効期限を延ばせる

ビックポイントカード(アプリ)
ビックポイントカード(アプリ)

カード利用で、JREポイントとビックポイントの有効期限を2年延長できます。

JREポイントもビックポイントも、有効期限はポイントカードの最終利用日から2年です。ビックカメラSuicaカードを通常の買い物で利用すると、双方のポイントが付きます。このため、カードを定期的に使ってさえいれば、有効期限を気にする必要がなくなります。

ポイントは一月分ごとにまとめて付与されます。

筆者
筆者

「ビックポイントの有効期限が切れそうだから、何か買っとかなきゃ」と思って無駄な買い物をすることがなくなります!

旅行障害保険がついている

保険証券のイラスト

国内旅行障害保険がカード利用付帯、海外旅行傷害保険が自動付帯です。万が一事故にあったり怪我を負ったりしたときに、保険金を受け取れることがあります。

国内は最高1,000万円、海外は最高500万円です。

詳しい条件はビューカード旅行傷害保険のご案内(あらまし)をご覧ください。

筆者
筆者

東京海上日動海外総合サポートデスクも24時間利用できます。LINE無料通話を利用しています。このため、WIFIさえあれば海外ローミング料金を気にせずに、電話相談することができますよ!

ビックカメラSuicaカード詳細はこちら

ビックカメラSuicaカード以外は?

ビックカメラSuicaカード以外のカードの概要とデメリットを紹介します。

駅ビル・JRE MALLで3.5%還元の「JREカード」

JREカード
JREカード

JREカードは、JR東日本の駅ビル、ネットショッピングサイトのJRE MALLで利用すると還元率が3.5%になるクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカード同様に、Suicaチャージで1.5%還元、オートチャージ機能などの特典が付いています。

デメリット
  • 年会費は初年度無料ですが、2年目から524円(税込)かかります。
  • 駅ビルやJRE MALLは割高な商品も少なくありません。還元率につられて、うっかり高値づかみする可能性があります。
筆者
筆者

筆者の実体験:
年会費は1年で解約すればタダですが、おそらく解約し忘れます。事実、家族がJREカードを持っていましたが、気づかずに毎年年会費を払っていたようです。注意しないとお金が流れ出ていきます。このため、初めてのクレカ、メインで使うクレカには、個人的におすすめしません。

JREカードの詳細はこちら

ルミネ・ニュウマンの特典がある「ルミネカード」

ルミネカードは、ルミネ、ニュウマンでお得に買い物ができるクレジットカードです。

ルミネ、ニュウマンはいつも5%オフで、年に数回10%オフになるようです。また、利用額に応じて商品券がもらえます。定期券としても使えるようになっています。

ビックカメラSuicaカード同様に、Suicaチャージで1.5%還元、オートチャージ機能などの特典が付いています。

デメリット
  • 年会費は初年度無料ですが、2年目から1048円(税込)かかります。
  • ルミネやニュウマンは高価格帯の商品も扱っています。割引につられて、本当は必要ない商品も合わせ買いしてしまう可能性があります。
筆者
筆者

確かに、本やDVDも割引価格で買えます。しかし、「ネットショッピングの方がお得だった」ということもよくあるので、ご注意を。

ルミネカードの詳細はこちら

カードを最大3枚減らせる「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードは、クレジットカード、Suica、JREポイントカード、定期券が1枚にまとまっているクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカードに定期券機能がついた感じです。ビックカメラSuicaカード同様に、Suicaチャージで1.5%還元、オートチャージ機能などの特典が付いています。

デメリット
  • 年会費は初年度無料ですが、2年目から524円(税込)かかります。
筆者
筆者

定期券機能が付いているのは嬉しいですが、2年目以降は年会費がかかってしまいます。モバイルSuicaでJRに1万5千円分乗って、やっと回収できる金額です。それなら、年1回利用で翌年も年会費無料の、ビックカメラSuicaカードの方が良いと思います。

「ビュー・スイカ」カードの詳細はこちら

フライト・ショッピングでJALマイルが貯まる「JALカードSuica」

JALカードSuicaは、JALマイルとJREポイントが貯まるクレジットカードです。JALとJR東日本が提携して作られました。

フライトとショッピングでJALマイルが貯まる一方で、切符の購入、Suicaチャージ等でJREポイントが貯まります。JREポイントはJALマイルに交換することもできます。

入会搭乗ボーナス(1000マイル)毎年初回搭乗ボーナス(1000マイル)などの特典をもらうことができたり、JALタッチ&ゴーサービスを利用できたりします。

ビックカメラSuicaカード同様に、Suicaチャージで1.5%還元、オートチャージ機能などの特典が付いています。

デメリット
  • 年会費は初年度無料ですが、2年目から2,200円(税込)かかります。
  • 感染症や国際情勢の影響で、航空運賃が値下がりすることがあります。この場合、貯めたマイルの価値が下落して、お得ではなくなることがあります。
筆者
筆者

JALマイルを貯めたい方は、在学中年会費無料のJALカードnaviの方が良いと思われます。

JALカードSuicaの詳細はこちら

貯まったポイントの使い方

「貯めたところで、何に使うの?」と疑問に思う方へ。

貯まったポイントのおすすめの使い方も、簡単に紹介しておきます。

JREポイント

JREポイントには、以下の使いみちがあります。

  • 買い物で使う
  • 切符と交換する
  • 商品と交換する

筆者のおすすめは、買い物で使うです。JREポイントはSuicaにチャージすることができます。Suicaの使えるスーパーで支払いに使ったり、電車に乗ったりするときに使うと良いです。

筆者
筆者

駅ナカは商品の価格帯が高めです。そこにしかない欲しいものを買う以外は、利用をおすすめしません。Suicaにチャージした上で、スーパーで使うのが良いかと思われます。JREポイントはこまめに使うと良いですよ!

ビックポイント

ビックポイントには、以下の使いみちがあります。

  • ビックカメラでの買い物で使う
  • 1500ポイントを、Suica1,000円分としてチャージする

筆者のおすすめは、買い物で使うです。例えば、値下がりしにくいプリンターのインクを購入するのはいかがでしょうか。

筆者
筆者

Suicaチャージはレートが悪いので、個人的におすすめできません。また、ビックカメラでは、iTunesカードをポイント購入できないので注意が必要です。なお、アマゾンギフト券は販売していません。

まとめ

JREポイント
JREポイント

JR東日本でポイントを貯めるなら、ビックカメラSuicaカードが最もおすすめです。

ビックカメラSuicaカードを選ぶべき理由をもう一度まとめると、

  • 初年度無料。年1回使うと、翌年度も無料
  • Suica機能、ポイントカード機能付き
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • ビックカメラ・コジマ・ソフマップで還元率アップ
  • カード利用でポイントの有効期限がのびる
  • 旅行障害保険が付いている

以上が挙げられます。

ビックカメラを使わなくても、JR東日本沿線に住んでいる方なら作っておいて損はなさそうです。

初めてのクレジットカードにも、サブのクレジットカードにも適しているので、ぜひご検討ください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました