【大学生】楽天カードとエポスカードを比較。どっち作る?

楽天カードとエポスカードキャッシュレス
楽天カードとエポスカード

「大学生 クレジットカード おすすめ」などと検索すると、楽天カードやエポスカードをおすすめされることも少なくないのではないでしょうか。

クレジットカードを作るなら、できる限りお得な方を選びたいですよね。

この記事では、楽天カードとエポスカードのどちらを作れば良いか述べた上で、それぞれの強みを解説します。

それではさっそくご覧ください。

楽天カードとエポスカードを比較。どっち作る?

借金で悩む男性のイラスト(カード)

結論:どっちも作るのがおすすめです。

楽天カードとエポスカードは、得意としている領域が違います。言うなれば、新幹線(都市間)と通勤列車(都市近郊)のような関係です。それぞれ得意分野で使ってあげることで、支出を削減することができ、日々の生活や趣味に使えるお金が増えます。

筆者の体験を踏まえた上で、楽天カード、エポスカードそれぞれについて深堀りします。

楽天カード・エポスカードとは?

楽天カード、エポスカードそれぞれのスペックは、以下の表をご覧ください。

サービス内容楽天カードエポスカード
年会費・対象無料・18歳以上無料・18歳以上
利用できるブランドJCB/VISA/MasterCardVISA
ポイント・還元率楽天ポイント・1%エポスポイント・0.5%
サービス海外旅行傷害保険あり
カード盗難保険あり
紛失・盗難毎日対応
本人認証(3Dセキュア)
カード利用お知らせメール
Apple Payに登録可
楽天edy付帯
海外旅行傷害保険あり
カード盗難保険あり
紛失・盗難毎日対応
本人認証(3Dセキュア)
カード利用お知らせメール
Apple Payに登録可
楽天edyチャージ可
利用可能限度額100万円人によって異なる
(一時的な増額は可能)
キャッシング
楽天カード、エポスカードのスペック

海外旅行障害保険は、楽天カードが募集型企画旅行に該当するものだけなのに対して、エポスカードは海外旅行中の怪我や病気、携行品の損害も補償してくれます。保険はエポスカードの方が手厚いと言えます。

※エポスカードの補償内容は後述します。

楽天カード

楽天カード
楽天カード

楽天カードは楽天が発行するクレジットカードです。年会費無料・還元率1%(100円につき1ポイント)で、楽天ポイントがもらえます。高校生を除く、18歳以上なら誰でも作れます。

楽天は、ネットショッピングサイトの楽天市場のほかにも、数多くのサービスを提供しています。楽天カードは、こうした楽天のサービスを利用するほど、もらえる楽天ポイントが増える仕組み(楽天SPU)になっています。

例えば、以下のようなサービスがあります。「楽天」は省略しています。

  • ショッピング(市場、ブックス)
  • 飲食(テイクアウト)
  • 旅行(トラベル、ファッション)
  • 娯楽(競馬、ミュージック)
  • 通信(モバイル、ウェブ検索)
  • 決済・金融(ペイ、カード、銀行、証券、保険)

エポスカード

エポスカード
エポスカード

エポスカードは丸井が発行するクレジットカードです。年会費無料・還元率0.5%(200円につき1ポイント)で、エポスポイントがもらえます。高校生を除く、18歳以上なら誰でも作れます。

丸井は、商業施設のマルイ(○l○l)が有名ですが、エポスカードもかなりの知名度を誇っています。カードを即日発行したり、提携店舗で優待サービスを受けられたりするほか、家賃を払えるという強みがあります。

提携店舗の優待サービスには、例えば、以下のようなサービスがあります。

楽天カードとエポスカードの強み

光る電球のイラスト

楽天カード、エポスカードそれぞれの得意分野を紹介します。

楽天カードは楽天サービスに強い

楽天カードは、ネットで買い物する人、旅行をする人、投資をする人に向いているカードです。

楽天カードを作った学生は、以下のようなメリットを享受できます。

【楽天市場】楽天カード決済で楽天ポイント+2倍
楽天市場公式サイト
楽天市場公式サイト URL:https://www.rakuten.co.jp/

楽天市場や楽天ブックスの買い物を楽天カードで決済すると、楽天ポイントが+2倍になります。

楽天会員であれば、楽天市場の買い物で1%の楽天ポイントがもらえます。このため、あわせて3%の還元率になります。

確かに、たった2%と思われるかもしれません。しかし、教科書購入など大きな買い物をするときは、意外と大きな差になります。例えば3万円の買い物なら、600円の差が生まれます。プチ贅沢にもってこいです。

また、楽天カードで決済することにしておけば、コンビニに払いに行ったり銀行口座を入力したりする必要がありません。さらに注文のキャンセル・変更の手続きもPCやスマホから容易に行えます。時間の節約になります。

実際には、楽天市場アプリでの買い物(+0.5%)楽天銀行を楽天カードの引き落とし先にする(+1倍)も加わります。少なくとも4.5%分は楽天ポイントをもらえるので、本当にお得です!

【楽天トラベル】楽天カード決済で楽天ポイント+1倍
高速はかた号
高速バス

楽天トラベルの利用代金を楽天カードで決済すると、楽天ポイントが+1倍になります。

楽天トラベルの利用で1%の楽天ポイントがもらえます。このため、あわせて2%の還元率になります。

楽天トラベルは、宿や高速バス、ツアーの予約ができる旅行の総合サイトです。宿の掲載数の多さに定評があります。

特に紹介したいのは、高速バスの予約・購入ができることです。旅行が好きな学生は、旅をもっとお得に楽しむことができます。また、地方を出て一人暮らししている学生は、帰省するたびに楽天ポイントを貯めることができ、生活の足しになります。

さらに、楽天カードで決済することにしておけば、コンビニに払いに行ったり銀行口座を入力したりする必要がありません。予約のキャンセル・変更の手続きもPCやスマホから容易に行えます。時間の節約になります。

ちなみに、コンビニで発券したチケットの払い戻し手続きは非常に手間のかかるものです。できる限り避けたほうが良いので、やはり楽天カード払いがおすすめです。

楽天トラベルで1回5000円以上利用すると、その月の楽天市場の買い物が+1倍になります。楽天市場をもっとお得に使えるようになりますよ!

【楽天証券】投資信託を積立てて、ポイントをもらう
楽天証券公式サイト
楽天証券公式サイト URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/rfund/guide/creditcard.html

楽天証券で投資信託を楽天カード決済すると、1%の楽天ポイントがもらえます。

投資信託を利用すると、投資会社に自分のお金を運用してもらうことができます。運用してもらったことで、自分のお金が増えることがあります。

そして、この投資信託を楽天カードで払うことで、楽天ポイントをもらうことができます。月5万円の積立分(月500ポイント)までが対象となっているので、最高で年6000ポイントもらえます。

もちろん、価値が毀損するリスクのある商品なので、ポイントを目的に投資するべきではありません。しかし、積み立ててみたい投資信託があれば、楽天カードで決済するのがおすすめです。

楽天ポイントを使って、投資信託を月500円以上購入&ポイント利用設定をすると、楽天市場の買い物が+1倍になります。楽天市場をもっとお得に使えるようになりますよ!

楽天カードのまとめ

楽天カードは、特に以下にあてはまる学生にお得なカードと言えます。

  • 楽天ポイントを貯めて、支出を減らしたい人
  • 旅行をもっとお得に楽しみたい人
  • 投資信託を積み立てたい人

楽天カードは年会費無料にもかかわらず、還元率は1%で、ツアーの海外傷害保険がついています。作っておいて損がありません。

学生は、カードを作る時間くらいなら取れると思います。CMやネットをチェックして、入会特典が7000ポイント以上もらえるときに入会しておきましょう!

ちなみに、楽天カードには、学生専用の楽天カードアカデミーというカードがあります。どっちを作ったらお得かはこちらの記事で解説していますので、迷ったらご覧ください。

【大学生】楽天カードと楽天カードアカデミーを比較。どっちがお得?

エポスカードは割引と優待に強い

エポスカードは、娯楽・観光施設を利用する人レンタカーに乗る人、一人暮らしをする人に向いているカードです。

エポスカードを作った学生は、以下のようなメリットを享受できます。

【割引】カラオケ・映画・温泉・フィットネスなどを安く使う
万葉の湯
万葉の湯(イメージ)

エポスカードで決済すると、提携施設で利用料金が割引になる or ボーナスポイントがもらえます。

例えば、以下の施設は割引の対象になります。

  • カラオケ館・ビッグエコー:
    室料割引、優待、ポイント5倍
  • ユナイテッド・シネマ:
    優待料金
  • 大江戸温泉物語・万葉の湯:
    入館料、入浴料割引、優待
  • グランドボウル(ボーリング):
    ゲーム料金割引
  • コナミスポーツクラブ:
    ポイント2~4倍
  • 富士急ハイランド:
    フリーパス割引

同じ系列でも、施設によって割引適用外になることがあります。行きたい施設が割引になるかどうか確認したいときは、こちらから検索してみてください。

優待施設は非常に多く、「実は対象だった」なんてことも。カードをApple Payに登録しておけば、カードを持ち歩かなくても損することはありませんよ!

【優待】外食をもっとお得に
鯛めし

エポスカードの提示・支払いでの利用で、提携飲食店で優待を受けられます。提携している飲食店は非常に多く、和洋中、居酒屋、カフェ、ファーストフードなどバリエーション豊かです。

お店ごとに割引内容が違ったり、割引の対象外になっていたりするので、事前の確認をするかカードをApple payに登録して備えておくのがおすすめです。

事前確認はカテゴリーから探す都道府県とキーワードから探すからどうぞ。

一覧から探そうとすると時間がかかるばかりで、お店が決まりません。行きたいお店を決めてから、そのお店で優待が使えるかを確認するのがおすすめです。また、Eparkという割引サイトもあわせて登録すると良いですよ!

【レンタカー・カーシェア】車を安く借りる
車

エポスカードで決済すると、カーシェアやレンタカーがお得になります

例えば、以下の特典が用意されています。

  • タイムズカーシェア:
    初期費用、月額基本料3ヶ月分が無料
  • ニッポンレンタカー:
    レンタカー基本料最大15%オフ
  • オリックスレンタカー:
    通常レンタル料金10%オフ
  • 出光ガソリンスタンド:
    ガソリン価格優待

同じ系列でも、施設によって割引適用外になることがあります。詳しくはこちらをご確認ください。

楽天ではレンタカーの割引クーポンを配っています。この他、レンタカー各社が割引キャンペーンを開催しているので、エポスカードの優待以外もチェックしてみてくださいね!

【ROOM iD】家賃をクレカ払いしてポイントをもらう
高層マンション

家賃のエポスカード払いで、エポスポイントが貯まります。

エポスカードには、ROOM iDという家賃保証をしてくれるサービスがあります。これは、家を借りるときにエポスカードが連帯保証人になってくれるサービスです。

手続きを簡略化してくれる上、家賃の支払いをエポスカードで済ませることができます。家賃の銀行振込をする必要がなく、振込手数料を負担する必要もなくなります。また、エポスポイントも貯めることができて非常にお得です。

賃料によっては、エポスカードゴールドもおすすめです!ポイント還元率がアップするので、年会費を払ったとしてもお釣りが来ます。

【教習所】教習料金をエポスカードで払えることも

教習車のイラスト

一部の自動車教習所では、教習料金をエポスカードで支払うことができます。エポスカードも貯めることができます。

筆者の経験ですが、筆者は教習料金を払うために、銀行口座から約30万円引き下ろして持っていきました。支払いが終わるまで、正直、不安で不安で仕方ありませんでした。また、一日の引き下ろし限度額ギリギリだったので、あやうく申込できなくなるところでした。エポスカードを持っていれば、そんな思いをしなくて済みます。

教習料金が30万円のときは、1500ポイントもらえます。大学の教科書を1冊タダで買えてしまうので、見逃せません。

エポスカードの利用限度額をご確認ください。足りなければ、事前に増額申請をしておきましょう。

【海外旅行】保険代わりになる
保険証券のイラスト

海外旅行障害保険が自動付帯で、補償が手厚いという特徴があります。

補償内容は以下のとおりです。

  • 対象・補償期間:会員本人のみ・出発日から90日間
  • 緊急医療アシスタントサービス:24時間受付
  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:270万円(1事故の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1事故の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1事故の限度額)

海外旅行中、事故にあったり怪我をしたりしたときは、緊急医療アシスタントサービスが使えます。24時間、日本語で対応してもらえます。上記の補償の範囲内なら無料で使うことができます。詳細はこちら

エポスカードを作っておけば、海外旅行中、いざというときに保険金をもらえます。既にクレジットカードを持っているという方も、作っておいて損はないです。

台湾や韓国など比較的治安の良い国に短期滞在するときは、エポスカードの保険に頼るのもありかもしれません。保険のために使うお金と時間を、旅行先の情報収集に使えるようになります。

エポスカードのまとめ

エポスカードは、特に以下にあてはまる学生にお得なカードと言えます。

  • 学生生活をお得に楽しみたい人
  • 車の運転が好きな人
  • 家賃を払う人
  • 海外旅行中の事故・怪我に備えたい人

エポスカードは年会費無料にもかかわらず、還元率は1%で、手厚い海外傷害保険がついています。作っておいて損がありません。

エポスカードは入会キャンペーンで2000ポイントもらえることがあります。ポイントはエポスペイや丸井のネットショッピングサイトで利用できるほか、アマギフなどのギフトカード、ポイントなどと交換できます。無駄になりません!

まとめ

クレジットカードのイラスト(番号なし)

楽天カードもエポスカードも作って損するカードではありません。それぞれの強みを生かした使い方をすると、生活や趣味がもっと楽しくなるはずです。

「どっち作る?」ではなく、どっちも作っておきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

楽天カード公式サイトはこちら
エポスカード公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました