台湾の電車|切符の買い方4通りを解説

台湾鉄道切符売り場旅行

「台湾の電車に乗ってみたいけど、切符の買い方が分からない」

こんな悩みを抱えている方へ。台湾鉄道の切符の買い方を丁寧に解説しました。

台湾の電車|切符の買い方4通りを解説

切符を買えるのは窓口・自動券売機・アプリ・コンビニ

切符の購入場所は4通り。

有人窓口(售票處)、自動券売機、「台鐵e-訂通」というスマホアプリ、コンビニで購入できます。

有人窓口(售票處) 紙に書いて渡すだけ!

台湾鉄道窓口

最も手っ取り早い方法です。

中国語が分からない場合は、紙に列車名(自強、莒光など)、出発駅、目的地、出発日時を書いて渡せばOKです。条件に沿った列車の切符を渡してくれます。

特急列車、急行列車など、座席を指定する列車の場合、座席は勝手に指定してくれます。しかしながら、念のために「對號」(座席指定という意味)と書いておいた方が良いです。

発券前にあっているかどうか確認してくれるので、しっかり確かめましょう。

支払いは現金のほか、クレジットカードが利用できます。

窓口は混みがちなので、「並ぶのが嫌だ」という方は自動券売機等を使うと便利です。

近距離でも、ボタン式の券売機にボタンがない駅に行くときは有人窓口が便利です。

ボタン式の券売機と指定席券売機

日本と同様に、2種類の券売機があります。

  • 近距離:ボタン式の券売機(自動售票機)
    全てボタン操作、座席指定不可、現金のみ、全体的に青いデザイン
  • 長距離/座席指定:指定席券売機(對號列車自動售票機)
    画面で購入、座席指定可、現金&クレカ払い、白を基調としている

実際のところ、少なくとも近距離の場合は悠遊卡がおすすめです。日本の交通系ICカード(Suicaなど)と同じように使うことが出来ます。切符を買う必要がなくなります。

長距離を乗られる方は自動券売機で切符を買うのがおすすめです。

記念に切符を持って帰りたいという方も自動券売機で切符を買うのがおすすめです。改札を出るときに切符が回収されないからです。

ボタン式の券売機の使い方 普通列車向け(區間車・區間快)
台湾鉄道ボタン式自動券売機
  1. 運賃を把握 券売機上の路線図に書いてあります
  2. お金 or 磁気券を投入 お釣りは全て硬貨で出てくるため、お札は避けた方が良いです
  3. 枚数を選択
  4. 列車の種類を選択
  5. 大人/子供を選択 大人:成人 子供:孩童
  6. 到着駅を選択
  7. 切符とお釣りを受け取る

切符の色は青色です。日本の切符と見た目がそっくりです。

切符を買ったら、自動改札機に通して出入場します。出るときは切符を取って出ます。

指定席券売機の使い方 急行・特急列車向け(莒光號・自強號)
台湾鉄道指定席券売機

画面の案内に沿って、

  1. 乗車日 当日券:購買當日票、翌日以降:購買車票、予約切符の受け取り:訂票取票
  2. 目的地 中部のボタンを押す→彰化を選択
  3. 列車を一覧から選ぶ おすすめは最速の自強號普悠瑪(じきょうごうプヨマ)
  4. 片道 or 往復 片道:購買單程票 往復:購買去回票
  5. 枚数 大人:成人 子供:孩童
  6. 非會員購票」(私は会員ではありません)を選択
  7. 座席 自動で選んでもらう:電腦劃位 自分で選ぶ:自己選擇
    窓側:窗邊 通路側:走路 ex.3号車40番は「3車40號」
  8. 確認画面
  9. 決済 現金決済:現金 クレジットカード決済:信用卡

回首項:最初に戻る 上一項:1つ前に戻る 清除:取消 確定:確定

このように選択していきます。

「面倒くさそう・・・」と思いきや、意外と簡単に買えます。羅列すると難しく感じるだけです。

それぞれのページに制限時間があります。画面右上に表示されています。制限時間が0になると最初の画面に戻ってしまいます。

お金を払うまではいつ戻っても大丈夫です。わからなくなったらやり直しましょう。

切符が売り切れやすい特急列車の「自強号普悠瑪」、台湾東部の座席指定列車はスマホアプリ「台鐵e-訂通」で予約するのがおすすめです。

スマホアプリの「台鐵e-訂通」 


スマホに表示されるQRコードで改札を通ることができるようになります。つまり、駅で切符を買わなくて良いということです。

自動券売機の操作と大して変わりません。日本の「ヤフー乗り換え検索」アプリで切符が買えるみたいに思えば大丈夫です。

アプリをインストールしたら画面の案内に沿って、

  1. 左上のメニューをタッチ 三 みたいな形をしたマークがあります。
  2. 列車時刻 / 車次查詢を選択 (列車時刻・列車番号検索という意味)
  3. 出発駅、到着駅(抵達)、日にち時間帯を入力
  4. 限直達、對號を選択 (直通列車だけ、座席指定するという意味)
  5. 乗りたい列車を選んで「訂票」(予約)を押す
  6. 一般座票數で人数を入力
  7. 護照號碼でパスポート番号を入力
  8. 青い「查詢有空位列車」を押す
  9. 「訂票」(予約)を押す
  10. 「前往付款」を選択 (事前決済という意味)
  11. 票種を選択 全票(大人)、孩童(子供)
  12. 「完成編輯」を押す ※「取消」はキャンセルです
  13. 「立即付款」を押す (今すぐ払うという意味、「稍後付款」は後で払う)
  14. 「信用卡付款」を押して、クレカ払いする
  15. 立刻取票→未取票→立刻取票→確定取票
    (すぐ受取り→まだ受け取ってない切符→すぐ受取る→受取り確定)
  16. 切符の部分をタッチするとQRコードが出てくる

確定取票を押すと、乗車変更やキャンセルができなくなります。
15.で稍後取票を選択すると、メニューの「待處理訂票」から後で受取ることが出来ます。

QRコードは、改札の上についている読み取り機にかざすことができます。これを使って出入場します。

【補足】コンビニでも買えるが、おすすめしない

台湾のファミリーマート

台湾のコンビニ(ファミマ・セブンイレブンなど)では、店内の端末を通じて切符を購入することができます。

つまり、街中に切符の自動券売機があるということです。利便性は最高です。

しかし、8元の手数料がかかるので、おすすめできません。

正直なところ、駅で切符を買うか、スマホアプリの「台鐵e-訂通」を使えば十分です。

しかしながら、コンビニで切符を買うという体験をしたい方にはおすすめです。

発券方法はそんなに難しくありません。

端末の画面から発券、利用規約同意という画面を経由します。

このあとは、指定席券売機と同じ操作です。

全て完了してレシートが出てきたら、レジで支払います。

切符は簡単に買える!

台湾鉄道の切符の買い方を紹介しました。

実際にやってみると難しくありません。切符を自分の力で発券してみるのも旅の思い出になるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました