赤平の炭鉱遺産を見に行く3つの方法|札幌から日帰り観光

立坑櫓内部旅行

2020年12月現在の情報です。最新情報もご確認ください。

赤平の炭鉱遺産を見に行く3つの方法

バスで行く・高速ふらの号(片道1960円、約2時間)

北海道中央バスの車両

高速バスの高速ふらの号を利用すると、乗換なしなので便利です。
※写真は高速ふらの号を運行する北海道中央バスの車両イメージです。

札幌駅から行くとすると

  1. 札幌駅前バスターミナル >> 赤平駅前バス停 
  2. 赤平駅前から15分ほど歩いて到着

たったこれだけ!旭山動物園に行くより安くて簡単です!

高速ふらの号に乗れさえすれば、お手軽に行くことが出来ます。

それぞれの手順を、以下で詳しく紹介します。

高速ふらの号は予約不要の高速バスです。路線バスと同じように利用できます。
4列シート、トイレ付き、無料wifiサービスありです。

交通系ICカードが利用できます。乗降時に読み取り機にタッチしてください。
使えるのは、Kitaka/SAPICA/Suica/ICOCA/PASMO/manaca/TOICA/PiTaPa/はやかけん/nimoca/SUGOCAの11種類です。

赤平駅前バス停までは片道1960円です。
交通系ICカードで乗られる方は、乗車前に残高を必ず確認してください。

アクセスする手順

札幌駅前バスターミナルで高速ふらの号に乗る方法

札幌駅前バスターミナルは札幌駅南口にあります。

東コンコース南口を出たら、左折してください。

目の前の「JRタワーホテル日航札幌」と書かれた建物の1階が札幌駅前バスターミナルです。ドアを開けて中に入ります。

真っ直ぐ進むと、真ん中に横断歩道があります。横断歩道を端まで渡りきってください。

横断歩道すぐ右側の16番のりばから高速ふらの号が発車します。

富良野行きと表示されている大型バスが来たら、乗り込みます。

現金で支払われる方は整理券を取ってください。交通系ICカードで支払われる方は読み取り機の光っているところにタッチしてください。

座席は自由に選べます。

一番うしろは降りるときに時間がかかるので、避けた方が良いです。

SAPICAはバス車内でチャージをすることが出来ます。運転手さんに申し出てください。
1000円札のみチャージに対応しています。

赤平駅前バス停で下車してから目的地まで

約1時間45分乗ります。赤平駅前バス停で下車します。

車内放送があったとき、あるいは前面窓ガラス上部の案内表示板で「赤平駅前」と表示されたら降車ボタンを押してください。

赤平駅についたら、駅前交差点を右折。片道一車線の東大通(国道38号)を南東に向かって進みます。

しばらく歩くと踏切があります。踏切を渡ってください。

線路の反対側を通る片道一車線の道路に出たら、左折してください。

ちょっと進むと右手に目的地の赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設があります。

「炭鉱遺産ガイド付見学」に参加するための出発時刻

高速ふらの号は一日7往復です。コロナウイルス感染拡大前は10往復ありました。需要が回復すれば便数が増えると思われます。

13時30分からの炭鉱遺産ガイド付見学に参加するためには、

札幌駅前バスターミナル 9:30/11:30発 (2020年12月現在)

で行ってください。

減便されたため、この時間のバスで行かないとガイド付見学に参加できなくなりました。

高速ふらの号の時刻表はこちら

11:30発がおすすめです。待ち時間がほぼなく、着いた途端に見学ツアーが始まります。

JR特急と路線バスで行く(運賃約3500円、約2時間30分)

※重要 滝川駅発の列車はほとんど使いものになりません。

途中までJR特急を利用すると、時間短縮効果が大きいです。赤平駅に向かう普通列車がほとんどないので、路線バスも併用します。

鉄道の運賃は、特急の自由席利用で2830円、指定席利用で3360円。乗車券のみは1680円です。

バスの運賃は、滝川駅から450円砂川駅から760円です。

札幌駅から行くとすると

  1. 札幌駅 >> 滝川駅 >> 赤平駅前バス停・・・A
  2. 赤平駅前から15分ほど歩いて到着

または、

  1. 札幌駅 >> 砂川駅 >> 砂川市立病院 >> 赤平消防署バス停・・・B 
  2. 徒歩5分ほど歩いて到着

時間は倍くらいかかりますが、JR在来線のみでも行くことが出来ます。

それぞれの手順を、以下で詳しく紹介します。

特急カムイとライラックは指定席以外に自由席があります。予約がなくても乗れます。
4列シート、トイレ付きです。一部車両にコンセントがあります。

路線バスはSAPICA非対応です。現金を必ず持っていってください。

北海道中央バスの運賃・経路・時刻表検索はこちら

アクセスする手順

札幌駅から特急カムイ or ライラックに乗る方法

指定席券売機、あるいは東コンコースのみどりの窓口で切符を購入します。この他、「えきねっと」を利用してインターネットで切符を買うことが出来ます。

札幌→滝川の特急券も合わせて買ってください。(JR特急を利用しない人は除く)

札幌と赤平を往復される方は、札幌⇔滝川間で自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)を買うとお得です。

札幌⇔滝川間は100kmに満たないので、学割証は使えません。

必要があればホームに上る前にトイレを済ませてください。

7,8番線ホームにあがります。階段・エスカレーター・エレベーターがあります。

側面にカムイあるいはライラックと表示されている特急列車に乗ります。

A 滝川駅で下車してから目的地まで

約50分乗ります。車内検札に備えて切符をいつでも出せるようにしておくと良いです。

「まもなく滝川駅に到着」という車内放送があったら、降りる準備をしてください。

滝川駅で下車します。

駅を出て真ん前にある2番のりばに移動します。

  • 北海道中央バス滝芦線・芦別駅前行き
  • 北海道中央バス歌志内線・赤平昭和行き

のいずれかに乗ってください。北海道中央バスの時刻表はこちら

20分程度乗ります。

車内放送があったとき、あるいは前面窓ガラス上部の案内表示板で「赤平駅前」と表示されたら降車ボタンを押してください。

赤平駅前で下車したあと、駅前交差点を右折。片道一車線の東大通(国道38号)を南東に向かって進みます。

しばらく歩くと踏切があります。踏切を渡ってください。

線路の反対側を通る片道一車線の道路に出たら、左折してください。

ちょっと進むと右手に目的地の赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設があります。

B 砂川駅で下車してから目的地まで

約50分乗ります。車内検札に備えて切符をいつでも出せるようにしておくと良いです。

「まもなく砂川駅に到着」という車内放送があったら、降りる準備をしてください。

砂川駅で下車します。滝川駅の1つ手前です。西口から出てください。

8分ほど歩いて、砂川市立病院バス停に移動します。

北海道中央バス・歌志内線・赤平昭和行きに乗ってください。

北海道中央バスの時刻表はこちら

赤平消防署バス停で下車します。

すぐ近くの踏切を渡り、左折してすぐのところに目的地の赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設があります。

車で行く・道央自動車道(駐車場無料、高速2350円、約1時間30分)

赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設の駐車場

自動車を利用すると、鉄道・バスで必要な徒歩移動がほぼないので、非常に便利です。

白石区の札幌JCTから行くとすると

  1. 札幌JCT >> 滝川IC 約50分
  2. 滝川IC >> 目的地:赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設

片道一車線の道路ばかりで、山道は通りません。運転初心者でも安心です。

「炭鉱遺産ガイド付見学」に参加するための出発時刻

渋滞等を考慮して、2時間前くらいには札幌を出発した方が良さそうです。

10時のガイドなら8時頃、13時30分のガイドなら11時30分頃には出発しましょう。

アクセスする手順

滝川ICから赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設まで

滝川ICで降りたら、左折して国道38号線(東大通)に入ります。

ちょっと進んで共和234交差点で右折します。「赤平工業団地」という看板が目印です。

次の交差点で左折(赤平方面)して道道227号線に入ってください。

道なりに進むと右手に目的地の赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設があります。

人数・目的にあわせて旅を楽しもう!

一人旅のときは高速ふらの号やJRで、学生サークル旅行や家族など人数が多いときは自動車で行くと良いです。

札幌から手軽に行ける穴場観光スポットです。旅先に困ったら、是非、足をのばしてみてください。

お読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました