TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)とは?今なら初回登録1000円プレゼント。誰でも還元率1.5%。

キャッシュレス

ここ数年、キャッシュレス決済各社が、お得な還元キャンペーンを相次ぎ開催。
PayPayや楽天ポイントなどを目当てに、現金払いからクレカ・スマホ決済に切り替えた早稲田生も多いのではないでしょうか。

ただ、最近は「還元競争」が減少傾向。
特に2021年4月以降、お得なキャンペーンを目にする機会がガクンと減りました。

しかしそんな、還元に飢える早稲田生に朗報。
今回ご紹介するTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)を使えば、他の人よりお得な買い物ができちゃうんです。決済サービスの概要や注目の還元キャンペーンの中身まで解説するので、ぜひ参考にしてください。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)とは?

はじめに、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の概要を説明します。
手っ取り早くキャンペーンの中身を把握したい方は、初回登録で1000円もらえる今なら利用金額の1.5%還元(条件に注意)をご覧ください。

トヨタのスマホ決済サービス

自動車最大手、トヨタのスマホ決済サービスです。
トヨタ傘下の金融サービス会社「トヨタファイナンシャルサービス(TFS)」が開発・運営に携わっています。iOSでは19年11月、Androidでは20年3月にデビューしました。

トヨタ自動車の販売店で、車の購入や車検・点検の支払いに使えます。
このほか、全国のiD(アイディー)、銀行Pay加盟店で利用できるようになっています。

LINE Pay (14年12月)や PayPay (18年10月)、 メルペイ (19年2月)などと比較すると、かなり遅い登場と言えます。しかしTOYOTA Walletには、他社とは一線を画す、面白い特徴を兼ね備えています。

特徴は「3通りの支払いに対応」

TOYOTA Walletアプリでは、3通りの決済手段が用意されています。

①事前チャージ型の「TOYOTA Wallet 残高」

事前チャージ型のTOYOTA Wallet 残高
事前チャージ型の「TOYOTA Wallet 残高」

電子マネーです。

SuicaやPayPay同様、事前にアプリに入金しておき、残高から支払うことができます。
銀行口座やクレジットカード、ポイントなどが使えます。500円以上1円単位なので、利用金額や頻度に応じて、入金額を柔軟に変更することができます。

iOSはMastercard コンタクトレスの加盟店、AndroidはiDの加盟店で利用できます。

バーチャルカードもあり、Mastercardの使えるオンラインショップでも利用できます。
「お支払い方法の設定・変更」からカード番号を確認することができます。

②即時引き落とし型の「銀行Pay」

即時引き落とし型の「銀行Pay」
即時引き落とし型の「銀行Pay」

銀行系のQRコード決済です。

デビットカードと同様、アプリで支払うと同時に、利用代金が銀行口座から引き落とされます。
三井住友銀行とゆうちょ銀行、地銀6行を引落し先に設定できます。預金残高の範囲内でしか使えないので、お金を使いすぎる心配がなくなります。

郵便局など銀行Payの使えるお店で利用できます。予め銀行口座を登録しておく必要があります。

③後払い型の「TS CUBIC Pay」

後払い型の「TS CUBIC Pay」
後払い型の「TS CUBIC Pay」

トヨタ系のQRコード決済です。

PayPay同様、QRコードを読み取って支払うと、利用代金がクレジットカードから引き落とされます。
トヨタのTS CUBIC カードのみ登録可能です。TS CUBICカードの会員専用サイト、MY TS3(マイ・ティーエスキュービック)のアカウントがある方のみ利用できます。

トヨタ販売店で車の購入や車両の修理・点検代に利用できます。
KINTOやトヨタレンタカーでは利用できません。

初回登録で残高1000円分がもらえる

TOYOTA Wallet 残高 1,000円プレゼント
TOYOTA Wallet 残高 1,000円プレゼント URL:https://toyota-wallet.com/news/payment/1911192/

TOYOTA Walletの初回登録で1000円もらえます。
以下の2つの要件を満たす必要があります。

  • TOYOTA Walletに個人情報などを登録する。
  • チャージ方法を設定する。

チャージ方法の設定では、銀行口座かクレジットカードを登録することになります。
クレジットカードを登録するには、残高に最低500円分チャージしなければなりません。しばらく解約する予定のないカードにしておきましょう。

※21年5月5日現在の情報です。

今なら利用金額の1.5%を還元(条件に注意)

毎日毎回1.5%キャッシュバック
毎日毎回1.5%キャッシュバック URL:https://toyota-wallet.com/cashback/

TOYOTA Wallet 残高から、Mastercard コンタクトレス、iD、MasterCard(オンラインショッピング限定)で支払うと、1.5%分のポイントがもらえます。

このキャンペーンの凄いところはポイントの二重取り、三重取りができること。
たとえば楽天市場のお買い物なら、

  1. TOYOTA Wallet 残高にクレジットチャージしてポイントゲット
  2. TOYOTA Wallet 残高からの支払いでポイントゲット
  3. 楽天市場のお買い物で楽天ポイントゲット

このように、簡単にポイントを貯めることができます。

モバイルSuicaチャージ、もポイント付与の対象になっています。
お金を移すだけでポイントが貯まるので、積極的な活用がオススメです。

また、JALカードからチャージするとJALマイルが貯まります。
JALマイルを貯めたい陸マイラーは積極的に活用すると良いでしょう。

貯まったポイントは1ポイント=0.5円で残高にチャージできます。
21年9月末までは、1ポイント=1円でチャージできてお得です。1000ポイント以上1000ポイント単位なのでご注意ください。

還元率2%のLINE Pay VISAカードは、還元対象外の可能性があります。
チャージする際はご注意ください。

※21年5月5日現在の情報です。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の注意点

TOYOTA Walletを使う際に、気をつけるべきポイントを3つ紹介します。

クレカチャージは手数料がかかる場合がある

TOYOTA Wallet 残高はクレジットチャージができます。
ただ、カードによっては税込204円かかるので注意が必要です。

手数料無料のカードは以下の2つ。

  • VJAグループ発行のVISA、Mastercardのクレジットカード
  • トヨタファイナンス発行のクレジットカード(TS CUBIC カード)

VJAグループには三井住友カードが参加しています。
したがって、三井住友カード発行のカードさえ持っていれば、手数料無料でチャージすることができます。カード発行会社はクレジットカードの裏面に記載されているのでご確認ください。

クレジットチャージには、事前に3Dセキュア(本人認証サービス)の登録が必要です。

銀行口座からのチャージは手数料無料です。

安定した通信環境下でチャージする

チャージするときは4G回線や安定したWi-Fi環境下での利用をおすすめします。
他の決済アプリと比べて動作が重く、読み込み時間が長い傾向にあるからです。通信が不安定だと、アプリが開かなかったりチャージ途中でエラーになったりします。

MasterCard コンタクトレスやiDを使うときは、スピーディーに支払いできます。

iDの設定が必要(Androidのみ)

Androidのスマホの場合、iDの設定をしておく必要があります。
具体的には、①iDアプリをインストールして、②TOYOTA Walletをメインカードに設定します。iDで支払った後にスマホに利用通知が来れば、設定はうまくできています。

既にiDを利用している方は、②メインカードをTOYOTA Walletに変更すればOKです。

まとめ

TOYOTA Wallet
TOYOTA Wallet のホーム画面

TOYOTA Walletはトヨタが開発・運営するスマホ決済サービスです。
①事前チャージ型、②即時引落し型、③後払い型の3つの支払い手段が利用できます。

キャンペーン期間中は、初回登録で1000円もらえる上、支払いで毎回1.5%還元
Mastercard コンタクトレス加盟店、iD加盟店、Mastercard加盟店(オンラインショップでクレジットカード同様に使える)で積極的に利用していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました