話題のワセメシ「つけ麺えん家」のメニューを紹介。台湾まぜそばも食べてみた

つけ麺えん家の台湾まぜそば大学生活
つけ麺えん家の台湾まぜそば

2020年、早大生がオンライン授業に徹するなかオープンした「つけ麺えん家」。
実際に食べてきたので、つけ麺やまぜそばなどのメニューや注文方法、食レポをお届けします。

「つけ麺えん家」のメニューを紹介。

「つけ麺えん家」とは

「つけ麺えん家」とは

つけ麺えん家
つけ麺えん家

「つけ麺えん家」はその名の通り、早稲田大学の成文堂近くに店を構えるつけ麺屋さんです。
溢れ出る清潔感と入りやすい雰囲気を醸し出しています。

絶妙な塩加減でコクのある濃厚スープと腹持ちの良いもっちもちの太麺が相性抜群。まぜそば専門店を思わせるハイクオリティのまぜそばも頂くことができます。

早稲田正門より徒歩2分という立地の良さ。2限が終わると続々と早大生が現れ、お店の前に人だかりができます。店内はそこそこ席数があり回転が良いので、ちょっと待てば入れます。毎日3限が入っているかわいそうな早大生でも、つけ麺をすすれますよ!

メニュー&値段

つけ麺えん家のメニュー
つけ麺えん家のつけ麺メニュー

看板商品は「味玉つけめん」(880円)
豚骨・鶏・魚介類・野菜を煮込んで作ったスープと数種類の小麦粉をブレンドした麺、さらに味玉、チャーシュー、野菜がトッピングされています。同じ料金で中盛・大盛を選べるので、腹の好き具合や授業開始時間に応じて量を変えることができます。

黒つけめん(850円)
黒つけめん大盛(850円)+味玉(100円)

つけめん(780円)、辛つけめん(850円)、マー油の入った黒つけめん(850円)、追加トッピングなどバラエティ豊かなので、食べ比べして自分にあった味を探してみるのも楽しいですね!

台湾まぜそばのメニュー
台湾まぜそばのメニュー

また、つけ麺以外に「まぜそば」という選択肢もあります。
野菜豚骨スープが入っているのが特徴で、味にまろやかさをプラスしているそうです。器はすり鉢型で、見た目以上にボリュームがあります。

値段はつけ麺とほとんど同じ。中盛・大盛がない代わりに追い飯が付いてきます。まぜそばを食べて残ったタレも最後まで美味しく頂けるのが嬉しいです。

チャーシュー丼激辛そぼろ丼などライスメニューもあります。100~300円程度なので、つけ麺だけじゃ足りない体育会系、小腹の空いた少食さんは注文してみると良いでしょう。

関連記事▶【油そば】人気店「学会」メニューと家で食べる方法を紹介。(健康とは)

注文方法

食券方式です。受け取りまでの流れは以下のとおりです。

  1. 食券機で食券を買う。
  2. お店の前で呼ばれるのを待つ(満席時)。
  3. 席に着く。
  4. 店員さんに食券を渡す。
  5. つけ麺・まぜそばが運ばれてくる。

※現金のみ対応しています。
※テイクアウトも利用可能です。

注意点は2つあります。

つけ麺えん家の並び方
つけ麺えん家の並び方

1つ目は、自分の順番を把握しておくこと
混んでいるときは、食券を買ったらお店の前で待つことになりますが、道が狭くて列がつくれません。前後の人が誰かを把握してからスマホをいじりましょう。幸い、お店前に椅子が置いてあり、座って待つことができます。

2つ目は、新歓キャンペーンの無料トッピングを伝えること
新歓キャンペーンとして、新入生・新2年生、他大学生は通常100円のトッピングが無料で付けられます。1年以内に「えん家」に行く予定があるなら、この機会に一度足を運びましょう。もちろん、学生証をお忘れなく。

早稲田大学新歓キャンペーン
早稲田大学新歓キャンペーンでもっとお得に

味玉・ライス・特盛(160g)・極太メンマ・肉ミンチ増し・野菜増し・玉ねぎ増しから選べます。
肉ミンチは台湾まぜそば用で辛いので、辛いのが苦手な方はご注意ください。

【早稲田三大油田】「わせ弁」メニューと早稲田弁当の中身を紹介。(まだの人必見)
早大生なら一度は食べておきたい「わせ弁」。初めてでもおろおろしないように、メニューや注文方法を簡単に紹介します。実際にワセ弁を食べた感想も紹介しています。注文の参考にしてみてください。

台湾まぜそばの中身

DSC_0038

つけ麺屋さんにまぜそばがあるという意外性に驚き、
今回は「台湾まぜそば」(850円)を注文することにしました。

丸亀製麺のうどんのように、もちもち太麺に乗っかっているのは、

  • ひき肉・豚こま
  • 卵黄
  • 海苔・ネギ・にんにく
  • レモン

こんな感じ(かつお節っぽい粉もかかってました)。

麺の黄色を覆い隠すほどいっぱいの具に、心の中でガッツポーズ。
綺麗に盛り付けられているので、そのままとっておきたいところですが、、、

台湾まぜそば
台湾まぜそば

「よく混ぜてからお召し上がりください」ということなので、しっかり混ぜました。
タレがしっかりと麺や野菜に絡んでくれるので箸が進みます。また、にんにくチップが入っていて、時折カリカリッとした食感も楽しめます。

台湾まぜそばのひき肉
台湾まぜそばのひき肉

ひき肉が本当に美味しいんですよね。
香辛料などでしっかりと味付けされていて、噛むたびに旨味が口いっぱいに広がります。小さなハンバーグように、一つ一つが小さな塊になっているので「お肉食べた感」があります。ピントがずれたのは美味しいからです。

台湾まぜそばの追い飯
台湾まぜそばの追い飯

ぺろっと平らげてしまい「もうちょっと食いたいなぁ」と思っていたら、追い飯できました。

お願いすると快くご飯を入れてくれました。残ったタレとご飯との相性がぴったり。もはや「麺の代わりに最初から全部ご飯のメニューも欲しい」と伝えたくなったくらい美味しかったです。テーブルに置いてあるれんげを使うと、より食べやすいですよ!

台湾まぜそば
台湾まぜそば

ごちそうさまでした。心が満足感で満たされたので、今度はつけ麺を食べに行こうと思います。

ワセメシ850円はお財布にそこそこ負荷をかけますが、それでも、味を知ったら払いたいと思えるはずです。一人でも、友達を誘ってでも、サークルでおごってもらえるように仕向けてでも、一度はお試しあれ。

つけ麺えん家のカウンター
つけ麺えん家のカウンター

伝え忘れてましたが、テーブルに割り箸・れんげ・爪楊枝、紙ナプキンがあります。その他、お酢?と胡椒?とゆずの入ったお水が用意されています。必要に応じて使わせてもらいましょう。

つけ麺(780円)も食べてみた

つけ麺(780円)
つけ麺(780円)

後日、つけ麺も食べにいきました。
麺は大盛でボリュームたっぷり。食べきるのに15分はかかりました。麺の上にはしっとりした鶏チャーシューとシャキシャキの水菜?がのっています。

つけ麺のつけ汁
つけ麺のつけ汁

つけ汁には玉ねぎと豚チャーシューが入っていました。
もちもちの麺と丁度良い塩加減の濃厚スープが相性ぴったり。旨味の凝縮したスープで、飲み干したら健康に良くないかも、と思いつつ飲み干してしまいました。

つけ麺(780円)
つけ麺(780円)

ごちそうさま。

つけ麺えん家の店舗情報(2021年4月現在)

営業時間:11:00~21:00(コロナの影響で短縮中、ラストオーダー20:40)
席数:15席くらい、テーブル席あり
定休日:不定休
テイクアウトPICKSウーバーイーツ出前館
SNS:早稲田つけ麺えん家 公式ツイッター

※コロナウイルス感染症の影響により、変更される場合があります。

お店の場所

早稲田駅からは徒歩7分、早稲田キャンパス正門・北門から徒歩2分です。
武蔵野アブラ学会のある通りに面しており、郵便局の向かいにあります。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました