ヤフーカード、PayPay7000円もらえる。ヤフーカードのメリットと便利な使い方も紹介。

アイキャッチ(ヤフーカード)ワセメシ代の稼ぎ方

ヤフーカードでPayPay7000円もらう方法

常時開催のキャンペーンですが、予告なく終了することがあります。
※既にワイジェイカード発行のヤフーカードをお持ちの方は対象外です。

特典をもらう具体的な手順

キャンペーンページから申し込み

まずは申し込みから。
「ヤフーカード」と検索するか、ヤフーショッピングアプリから新規入会キャンペーンの特設ページに移動できます。ヤフージャパンIDが必要なので事前にご用意ください。お持ちでない方は、特設ページから作れます。手順は簡単ですぐ終わるので、面倒くさがりでも心配無用です。

申し込み完了後、利用代金を引き落とす金融機関の口座(お支払口座)を登録します。
銀行口座でOKです。通常は、カードと一緒に届く口座振替申込書に必要事項を記入して返送します。ただし、ネットバンキングを契約している方はスマホで手続きが完了して便利です。

カードは自宅に届きます。
受け取る際、本人確認資料等を確認されます。事前に必ずご準備ください。

カードが届いたら初期設定

ヤフーカードが来たら初期設定しましょう。
やることは3つ。同封のマニュアルを見れば誰でもできます。QRコードを読み取れば直接、初回登録用サイトにアクセスできるので、届いたらすぐにやっておきましょう。やらないともらえるPayPayボーナスが消滅する可能性があります。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは:
カードの不正利用を防止するサービスです。オンラインショッピング等で、決めておいたパスワードの入力を求められます。カード番号の盗み見・悪用の対策になります。

入会月の翌月までに3回使う

ヤフーカードで3回決済しましょう。
カード入会月の翌月までが対象です。利用金額は決まりがなく1円でもOKです。筆者の個人的な意見ですが、少額決済に利用するのがオススメ。他の決済手段を使ったとしても、もらえるポイントにほぼ差がないからです。1円を3回払いたい方は、ヤフーショッピングでPayPay残高と併用した支払いをしましょう。

注意したいのは対象外の決済があること。例えば、以下のような決まりがあります。

  • PayPayでヤフーカード決済した場合
  • PayPay残高のチャージ
  • nanacoのチャージ
  • Tマネーのチャージ

あくまでも、ヤフーカード単独での利用を想定しているようです。
特に「PayPayで払ったらヤフーカードから落ちる設定をしている」という方は要注意です。

特典の付与時期

もらえるのはPayPayボーナス7000円です。
2000円はカードの審査終了時にPayPay残高に加算されます。一方、5000円はカードを3回利用した後、利用履歴の反映された翌月下旬に加算されます。

PayPayボーナスは出金・送金不可。買い物、ポイント運用等に利用できます。

時期によっては特典上乗せも

21年3月15日~31日まで、3000円上乗せ(計10000円)キャンペーンが開催されていました。
今後も似たキャンペーンがあるかもしれないので、ポイントがもっと欲しい方は状況を注視していきましょう。

【油そば】人気店「学会」メニューと家で食べる方法を紹介。(健康とは)
早稲田生が「学会」と言ったら、それはきっと「武蔵野アブラ學会」のこと。油そばの大人気店です。早稲田生なら一度は行きたい油そば屋さんのメニューを紹介します。この油そば、実は、家でも食べられます。在宅で「学会」する方法も合わせてご覧ください。

ヤフーカードのメリット

ヤフーカード
ヤフーカード

ヤフーカードはYJカードが発行するクレジットカードです。
イオンカードや楽天カードとは違ってCMを目にする機会が少なく、どんな強みがあるカードか分からない方も多いでしょう。

そこで、ヤフーカードを作るメリットを4つ紹介します。

メリット1:年会費ずっと無料で、還元率1%

ヤフーカードは年会費がかかりません。
持ち続けていても「知らぬ間に会費が請求されてた」みたいな心配は無用です。

また、還元率1%とクレジットカードの中では高い部類に入ります。
100円につきTポイントが1ポイント付与されます。Tポイント=1円で使うことができます。筆者の個人的な意見ですが、貯まったポイントは毎月20日にウエルシア薬局で使うのがオススメ。Tポイントを1.5倍の価値で利用することができ、割安な買い物ができます。

他に還元率1%のカードとして楽天カードが挙げられます。

【大学生】楽天カードとエポスカードを比較。どっち作る?
「楽天カードとエポスカード、どっちを作ったら良い?」という疑問にお答えします。また、楽天カード、エポスカードそれぞれの強みを詳しく解説しました。18歳になったら、クレジットカードを作って、生活や趣味に使えるお金を増やしてみませんか?

メリット2:PayPayでヤフーカード決済すると0.5~1.5%

PayPayでヤフーカード決済するとPayPayボーナスが付与されます。
具体的に言うと「見かけはPayPayで払っているけど、お金はヤフーカードから落ちている」という状態です。PayPayにヤフーカードを紐付けておけば、残高を気にせずPayPayが使えます。

かなり頻繁に使う人でなければ、0.5%還元と考えて良いです。PayPayのみ対応しているお店であっても、実質クレジットカード払いができます。また、公共料金や税金の支払いでもポイントがもらえます。

メリット3:ヤフーショッピング・LOHACO利用で3%還元

ヤフーショッピング・LOHACO利用で、毎日3%分のポイントが貯まります。
LOHACO(ロハコ)はアスクルの個人向け通販サイトで、ヤフーと共同運営しています。

3%の内訳は、

  • ヤフーショッピングでヤフーカード利用:1%
  • ストアポイント:1%
  • ヤフーショッピング・LOHACO利用:1%

上2つはTポイント、一番下はPayPayボーナスがもらえます。もっとも、LOHACOはたくさん買わないと送料がかかってしまうので、少額利用に向きません。2%還元と考えて良いでしょう。

LOHACOに限らず、ヤフーショッピングを使うならヤフーカードやPayPay残高での決済がお得です。

メリット4:PayPayにチャージできる

PayPayにチャージできるのはヤフーカードだけ。
チャージしたからと言ってポイントがもらえるわけではありません。しかしクレジットチャージは、利息を払わずにお金を借りているのと同じこと。日本は今後インフレするのでお得と言えます。

Tカードになるのはメリット?

ヤフーカードはTカードとして使うことができます。
例えばファミマなら、レジでヤフーカードを渡せばTポイントを付けてくれます。

ただ、メリットとしては微妙です。
Tポイントアプリが登場してスマホでカードを提示できるようになりました。Tポイントのためだけにヤフーカードを持ち運ぶのは面倒ですし、レジでカードを何枚も出すのも手間がかかります。スマホで完結した方が良いと言えます。

公式サイトからTポイントを一つにまとめることができます。
もともと貯めていたTポイントは、ヤフーカードのTポイントに移行しておくと使いやすくなります。

おわりに

ヤフーカードの7,000円もらえるキャンペーンについて紹介しました。
ワセメシ代負担は意外と重いので、ヤフーカードのキャンペーンに参加して、今のうちに「金のなる木のタネ」を植えておきましょう。

【終了】PayPay銀行、今なら4500円もらえる。PayPay銀行のメリット・使い方も紹介。
ワセメシ代が高いと感じていませんか?PayPay銀行の4500円もらえるキャンペーンに参加して、ワセメシ4回分をゲットしましょう。申し込みは4月末までなので、お早めにどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました